40代独身男性の脳梗塞に気を付けて

30代も40代も結婚相談は、プラナの無料カウンセリングから

みなさま、こんばんは。

秋の味覚がおいしいですね。maplericeball

昨夜は栗をゆでました。

今夜は栗ご飯を作ろうと思います。

 

さて、父が脳梗塞で入院中なのですが、

昨日の定休日に病室に行ったら、

同室に二人立て続けに入院してきました。

お二人とも40代で脳梗塞。

脳梗塞の場合、しつこいほどに看護士さんや理学療法士さんが、

「今日は何日ですか?」

「お名前は?」

「ここはどこですか?」

「誕生日を言ってください。」

と聞きます。

入院初日なので、担当の看護師さんが大きな声で質問開始。

「誕生日は、1969年、〇月〇日です。」

という答えがカーテン越しに聞こえて、ビックリ。

もう一人のあとから入院してきた人は、見た感じがもっと若い。

2度目の梗塞だそうです。

ご家族状況を聞かれた応えから、どうもお二人とも独り身のようです。

 

40代の脳梗塞や心筋梗塞は気を付けたほうがいいよ、

などとアロマテラピーを習いに来る生徒さんに、旦那様の健康管理をしっかりやるように教えているのですが、目の当たりにしました。

これまた独身というのもつらいですね。

「パジャマはどうしますか?」

など看護士さんに言われ、

「一度帰ってとってきます。」

 

頼れる家族がいらっしゃらないというのは大変だなぁ、とつくづく思いました。

病気の時ほど家族のありがたみはわかりますよね。

30代、40代は、元気な世代ですから病気といえば、軽い風邪くらいしか想像しない方も大勢いらっしゃるでしょう。

でも、脳梗塞は働き盛りほど気を付けなければいけないのですよ。

命があっただけでも良かったですよね、脳出血が手遅れで命を落とす人もいらっしゃいますから。

頼るためだけに家族を持つわけではないけれど、家族がいる安心というのは、男でも女でも共通するのではないでしょうか。

親は何時までも元気ではないですから。

父の介護が始まりそうなわたしも、家族のありがたみに感謝しています。

今夜はお惣菜を買ってきてくれるそうですcoldsweats01

まっ、お惣菜でもいいか、それだけでも助かるというものです。

感謝感謝。

 

今日もブログを読んでくださいましてありがとうございました。

皆様の幸せな結婚を心よりお祈りいたします。