40代の脳トレーニング

30代と40代に特化した結婚相談所は『ブライダルサロン・プラナ』

a0790_001077.jpg

みなさま、こんにちは。

すっかり秋で、秋の味覚に舌鼓を打ちながら食べ過ぎを悔やんでいるこの頃です。

 

さて、今日は脳トレーニングの話。

先日、40代の脳梗塞の男性の入院の話はしましたよね。

やはり40代ともなると脳内に血栓の一つや二つは出来ているものなのでしょうか。。。

この間、75歳になる脳梗塞の父の認知症や記憶力テストに付き添ってきました。

そのテスト問題、父よりも出来ない箇所が何か所か。。。

bearing

そして、あくまでも父用にですが、川島教授の脳トレーニングの本を2冊買ってきました。

その冒頭に書いてある事実が、少し意外だったので紹介します。

 

・音読

・黙読

・考える

・漢字を書く

 

この4つのうちで一番脳を使っているのはどれでしょう?

また一番使っていないのは?

一番使っているのは、「音読」。

一番使っていないのは、「考える」。

考えているときって頭使っている気がしますけど、ほんのちょっとのようです。

そして、人と対話しているときには脳はとてもよく使われているのですが、電話の対話になると半分だそうです。

ということは、メールなんてさらに半分かもしれませんね。

世の中便利になりましたが、これから脳が退化していくのではないでしょうか。

プラナのカウンセラーがその話を聞いて、

「昔ながらの生活が一番脳にいいということですね。」

と。

全くそのようです。

パソコンの前にいるだけで脳を使っているような気がしていましたが、錯覚かもしれません。

人と対話することが一番です。

私も脳梗塞にならないよう、たくさん対話していこうと思い、その本を読んで以来家族に今までの倍話しかけるようになりました。

今までは、新聞黙読が私の夜の日課でほとんど話しかけていなかったので。。。

 

今日もブログを読んでくださいましてありがとうございました。

40代の皆様が一日でも早く、ご結婚ができることを心よりお祈りいたしております。