アラフォー独身者は、出産について真剣に考えるべし

hand.jpg皆様、今、不妊症の治療を行っている方が、どれだけ多いかご存知ですか?

結婚してもなかなか子供に恵まれなくて、30歳でも不妊治療をしている方がけっこういらっしゃるのです。

30歳から35歳までが、かなりの数のようですよ。

 

最初の面談で、お子さんは欲しい?

と聞くと、40歳前の方は、ほとんどが望まれます。

結婚をすれば、子を授かれると思っていらっしゃるようで。。。

 

ところが、現在の環境はあまり妊娠に適していない環境なのか、

私が、アロマテラピーでケアするお客様は、平均して33歳ころから不妊のためのケアに入ります。

30歳の方もいらっしゃいます。

生理が定期的にきているから、大丈夫というわけでもありません。

体をケアすると、とても冷えていたり、仕事ストレスが多かったり、ホルモンバランスが乱れていたりで、妊娠可能性が薄い方は、年齢に関係なく多いのです。

 

ここで、あれっ、と思うのですが、

婚活年齢と、不妊治療の年齢が同じというのはどういうことでしょうか。

例えば、35歳で妊娠のために頑張っている方と、同じ35歳で結婚のために頑張っている方と。。。

たいがい、結婚してから子を授かるものですので、

35歳で婚活を始めて、36歳で結婚をして、そしてすぐに不妊治療ということもあり得るわけですね。

 

もちろん、私どもの結婚相談所でも、アロマサロンでも40歳過ぎて出産した方はいらっしゃいます。

人によるわけです。

が、しかし、自分はどうなのかということはわかりません。

 

子供が欲しいのであれば、少しでも早く結婚を!と願います。

不妊治療は精神的にも、肉体的にもとても辛いものですよ。

 

おかげさまで、アロマサロンでは、定期的なケアをされた方はほとんど妊娠されております。

 

昨日、婚活中にお料理を、ということを書きましたが、

アラフォー世代で婚活を始めるならば、

妊娠のための体つくりも併せて行うことをお勧めいたします。

何をすればいいかというと、

食事、入浴、リラックス、軽い運動、などです。

特に食事が添加物だらけという方は、すぐに改めたほうがいいでしょう。

昨日書いたように、お料理の腕を上げることで、妊娠しやすい体つくりにも発展します。

しかし、自分が食べているものが添加物が入っているかどうかがわからないなどという、無頓着な方もいらっしゃるかもしれませんね。

しっかり成分表示を確かめるといいですよ。

自炊していても、ポン酢やマヨネーズや練り物製品などにいろいろ入っています。

男性でも同じです。

不妊の原因の半分は男性側ということも言われています。

 

幸せな結婚のために、出産のことなども真剣に考えて婚活しましょう。

 

プラナの結婚相談はこちらから