いずれが菖蒲かカキツバタ?

30代・40代の結婚相談は、『ブライダルサロン・プラナ』の無料カウンセリングから

みなさま、こんにちは。

梅雨入り宣言の後に、雨は降らず暑い日が続いております。

何となくバテて来ている方もいらっしゃるのかなと思います。

pic00003.jpg

さて、そんな天候の中、昨日、千葉県佐原へ行ってきました。

前々から気になっていたところですが、案外近いような気がして後回しになっていました。

いつでも行けると思うとなかなか計画だてられないものです。

今回は、柏商工会議所の視察の一環で行ってきました。

佐原といえば、菖蒲で有名ですね。

水生植物園でとてもきれいに咲いておりました。

 

ところで、皆様はアヤメとカキツバタとナハショウブの違いわかりますか?

それぞれ、花弁の形や付け根の部分に違いがあります。

生息場所も少し違うようです。

アヤメは乾燥地、カキツバタは湿地。

そして、一番私の興味を引いたのが、花言葉。

花言葉もそれぞれ違うのですね。

アヤメは、神秘な人

カキツバタは、幸運は必ず来る

ハナショウブは、あなたを信じます

だそうです。

 

「いずれがアヤメかカキツバタ?」

というのは、美女ばかり大勢いて見極めのつかない状態を表現した言葉です。

 

結婚相談所で活動し始めると、たくさんお見合いはあるけれどなかなか自分にあった人というのがわからないということをよく耳にします。

アヤメでもカキツバタでも、自分にとっての一番を見極めるのは難しいということですね。

 

結婚相談所プラナでは、先月も数人の方がご成婚退会されました。

いずれも1年以内のご活動。

最近は1年以内でご成婚される方がとても多いのですが、

そういった方を見ていると「見極め方」がとても上手のようです。

自分にとっての一番を見極める軸がぶれていないのです。

婚活を成功させるために、とても大切なことですね。

 

なかなか婚活がうまくいかない方は、じっくりと自分の軸を考えてみるといいかもしれません。

ぶれない軸があれば、きっとうまくいくと思います。

ただ、あまり狭量なものでないほうがいいですね。

 

カキツバタの花言葉、「幸運は必ず来る」と念じて、頑張っていただきたいです。

みなさまの幸せな結婚を心よりお祈りいたします。

 

今日もブログを読んでくださいまして、ありがとうございました。

 

ちなみに、佐原の水生植物園では、6月のアヤメ祭りに、3組だけ市が招待して嫁入り舟を行うそうです。

こんな結婚式も素敵ですね。

01s.jpg