人を思いやると自分の足りなさが見えてくる

30代からの結婚相談は、『ブライダルサロン・プラナ』の無料カウンセリングへ

 

みなさま、こんにちは。

今週いっぱいは涼しいとのことでホッとしております。confident

 

さて、今日は思いやりについて思うところを書いてみようと思います。

「思いやり」heart

と一言で言っても、その意味は、広く深くまるで海のようだと思います。

 

先日小学生の甥の連絡ノートを見ていたら、

まぁ、何とも字が汚い。pencil

「もう少し、間隔をあけて書くと読む人が読みやすいよ。」

というと、帰ってきた言葉が、

「自分が読めればいいんだよ。」

と。

おの甥は人に対してとても優しい子なのですが。。。

母親だったり、先生だったり、見る人のことを考えることはまだ出来ないようです。

 

小学生なら、これから人間性を学んでいくことになるので、こうご期待!ですが、

実は30歳過ぎた大人でもこのようなことは往々にしてあると思います。

自分は思いやっているつもりが、相手には全く伝わっていなかったり、相手の気持ちとちぐはぐだったり。

本当に他人を思いやる行動をとろうと思うと、自分に足りないところが見えてくるものです。

前述の「字」一つとっても、自分がわかる字と相手の読みやすい字と。

そうすると字は丁寧に書こうと思うし、汚ければ習おうと思います。

言葉の選び方もそうです。

同じ内容でも、相手に伝わるにはどういう言葉が良いか、

真剣に伝えたかったら考えると思います。

 

そういった些細な一つ一つがお相手への思いやりになって伝わっていきます。

 

字・言葉・笑顔・しぐさ・・・

 

どれもこれも相手を思いやると自分の足りなさが見えてくるのではないでしょうか。

 

人間関係がうまくいかない、

お見合いが上手くいかない

そんなときは、どうぞ自分を振り返ってみてください。

 

a1180_004880.jpg

今日もブログを読んでくださいましてありがとうございました。

皆様の幸せな結婚を心よりお祈りいたします。