35歳未満の婚活人数が増えてきました。

35歳未満の婚活人数が増えてきました、ブログイメージ結婚相談所での婚活は、最後の砦と皆さんが思っています。
今まで、そのように思って35歳過ぎの女性が駆け込んできていたのが、結婚相談所プラナでした。
しかし、ここ最近の傾向では、婚活を結婚相談所で行う人の年齢が若くなってきています。

35歳未満の女性が考える婚活とは?

なぜ、今、35歳未満の婚活に結婚相談所を選ぶのでしょうか?
今日は、無料カウンセリングにいらした35歳未満の女性の声をもとに、ブログを書きたいと思います。

35歳未満の女性の無料カウンセリングの話

先日、34歳になりたての女性が無料カウンセリングにいらっしゃいました。
「婚活は、結婚相談所以外にもいろいろあるけれど、他の婚活はやってみたの?」と聞きましたら、
「いえ、婚活パーティーには友人に誘われて1回行きましたけれど、それだけです。」
と仰います。

この女性は、今仕事が忙しくて大変な時期ですが、会社内で出会いは望めないのは明快だし、このままでは結婚できないのではないか、と不安に思っていらっしゃいました。
それで、婚活パーティーには参加したのだけれど、かなり積極性がないと婚活パーティーでは、結婚相手に出逢えそうもないということがわかり、その他の婚活も自分から積極的に行かないと難しいかもということに気が付きました。

そして、ネットを調べると35歳というのは一つのターニングポイントであり、自分の人生も後を考えると転換期であろうと考えたのです。

今現在、35歳未満の結婚相談所入会が増えている

私は、このブログを通して、現時点での結婚相談所の動向を書いていますので、前の記事を読んだ方は、40歳でも何んとかなると思っていらっしゃるかもしれません。
しかし、今、35歳未満の婚活を結婚相談所で行う女性が増えてきたのです。

結婚相談所の婚活は最後の砦と35歳以上になって、まだ結婚相談所に足を踏み入れていない女性がいたとしたら、非常に危険な状態が今です。
確かに、38歳でもお見合いオファーがたくさんもらえる女性はいます。
しかし、見た目の綺麗さもありますし、彼女自身の間口が広いこともあります。

間口が広いというのは、理想が高すぎないということです。

なぜなら、35歳以上の先輩をしっかり見て反面教師にしているから

30歳~35歳に女性にとって、40歳35歳以上の女性前後のアラフォー世代はお姉さん的存在。
自分が結婚したいと思ったときに参考にするのは、アラフォー世代のお姉さんたち。

35歳をとうに過ぎたお姉さんたちが独身でいる、結婚したいと言っている、婚活もしているようだし、、、
私は、35歳過ぎには結婚していたいな。
そんな思いがあって、婚活最後の砦といわれる結婚相談所に先に足を運ぶわけですね。

結婚相談所で話を聞けば、もっと具体的に婚活がわかるだろうし。

賢いです。35歳未満女性。

自分の人生、出来れば理想に近い形にしたいですよね。
もし、35歳前に結婚していなかったら、子供が望めないかも?ということも視野に入れて、結婚相手に妥協しなければいけないのかも?ということも視野に入れて、いろいろ考えた末に、35歳になる前に結婚相談所を選ぶのです。

やっぱり若くてきれいな時に結婚したいですね。

35歳の壁は、やはり存在する

婚活だけではないですが、35歳の壁は存在します。(*ブログ「婚活における35歳の壁」もご参考にしてください。)
転職にしても、妊活にしても、35歳は人生においてのターニングポイントです。
35歳で人生の安定した土台を作ることを私はおススメします。

プラナの婚活の流れはこちらをご覧ください。⇒ご入会からご成婚まで


おすすめの記事

・35歳の壁を突破する婚活方法をお教えします。

・35歳過ぎちゃうと、ホント辛いんです!

・婚活パーティーでの出会いとお見合いの出会い、どちらが結婚に有利?

・35歳以上の婚活は、男も女も笑顔を武器に!

・柏市35歳女性(在籍期間8か月)お喜びの声

・30代で選ぶ初めての結婚相談所

・婚活を始めたい人が知っておくべきこと