婚活は、幸せな人生のための投資

futari.jpg結婚したいと思ったら、婚活するのが当たり前の時代になってきましたね。

婚活するには、時間もお金もかかる。

そこで躊躇してしまうと良い出会いを逃してしまうことも。。。

でも、ちょっと消極的になってしまうイメージもありましたね。

数年前までは、婚活というと飢えた狼のような印象でしたものね。

時代の移り変わりは早く、その時代も終わったようです。

 

普通の方が、普通に婚活する時代です。

 

昔は、婚活しなくても普通の方は普通に結婚できたのにね。

とはいえ、結婚相談所の歴史は古く、お仲人さんというのは、「家」を大事にする日本人ならではのシステム(?)

だったのではないかと思います。

結婚するまで、お相手の顔も見たことなかったというおじいちゃんおばあちゃん世代は、まだ健在です。

個人よりも家同士のつながりが大切だった時代は、そう古くはないのです。

 

さて、そんな時代が数代前にあったことさえ知らない人たちが多くなってきました。

その間、恋愛が流行り、個人を大切にする風習が根付き、結婚は自由なものになってきました。

 

・・・が、結婚するということは相手だけを見ていれば良いわけではありません。

お互いの家族も視野に入れて考えます。

恋愛して、結婚して、相手との家族と上手くいかなくて、悲惨な結果になることもあります。

恋愛中は、愛があればすべて乗り切れると思っていたのに。。。

長い間の結婚生活となるとなかなかそうはいかないものです。

 

現在の結婚相談所のシステムは、家族や環境を視野に入れての出会いですので、

結婚後の幸福感は、とても長続きすると思いますよ。

 

若いころ、フランスにホームステイしていた時に、そこのおじいちゃんが言った言葉が、やけに記憶に残っています。

「同じ宗教、同じ国、同じような家族、これが幸せな結婚の秘訣。」だと。

 

若いうちは、冒険心も強く、なんでも出来そう、なんでも乗り越えられそうな気がしますが、

今になってフランスのおじいちゃんの言葉がしみじみ胸に広がります。