36歳からの結婚を考える

a0790_000759.jpg36歳で結婚してからの人生を考えてみましょう。

長い目で見れば、33歳でも、34歳でも36歳でも38歳でも大して変わらないかと思いますが、

家庭を持つということは、他人との生活から始まり出産・育児・親の介護など様々なこととのかかわりが起こってきます。

36歳までの独身の人生と、36歳からの結婚をした人生では大きく違います。

30代前半まででしたら、まだ自分が構築されきっていないときの結婚ですから、相手に合わせられる部分も多く残っています。

36歳からの結婚は、自分がしっかり出来上がっているので相手に合わせるのが難しいと感じます。

だったら独身のままでいい、と思うことも婚活中に出てきます。

しかし、それは短絡的な考えです。

やはり、年をとってから一人というのはさびしいもの。

いずれは一人になるとしても、思い出さえも独りというのはさびしいでしょう。

結婚相談所プラナでは、36歳過ぎの独身男女の悩みをたくさん聞いてきました。

年々、結婚年齢は遅くなっているというものの、半年くらい前から20代の真剣婚活も増えているのは事実です。

少しでも婚活を早く始めること、

カウンセラーがしっかりサポートしてくれる結婚相談所を選ぶことが

36歳過ぎての婚活には大切です。

36歳から結婚をするのでは、お相手選びはかなり慎重にする必要があります。

結婚相談所プラナでは、36歳過ぎて結婚を考えている独身男女の真剣な悩みを聞かせていただいております。

ご予約はこちらのフォームから。