結婚をどうしたらよいかまだイメージがつかめない35歳、36歳の方へ

34歳、35歳、36歳くらいで独身でいると、漠然とした不安を感じることがあります。

結婚をしていない自分自身にとても不安になります。

子育てで翻弄している同年代は、まったくそんな不安はありません。

日々の忙しさの中でも、子供の成長や家族の絆を毎日感じているからです。

独身の人は、独身でいることが、この不安感の原因だなと言うことは気が付いています。

気がついてはいるけれど、結婚のイメージが湧かない。

結婚をどうしたらよいか悩むのです。

結婚をどうしたらよいか悩む

お相手もいないのに不思議なものですね。

お相手がいて、この人との結婚をどうしたらよいかと悩むならばわかりやすいですが、

お相手がいないのに、結婚を悩むと言うのは、空想の世界です。

でも、独身の方と接していると多いのです。

結婚を悩むから、誰かに相談する。

相談を受ける方は、「婚活すれば?」としか言いようがない。

「そうだよね、でも・・・。」

 

行動に移す勇気がないのです。

そして、空想の世界からなかなか抜け出ない。

無料カウンセリングにいらっしゃる前は、同じような想いをしていた方がたくさんいらっしゃいます。

ご利用者エピソードをご覧ください。

>>ご利用者エピソード

 

私は、結婚相談所の無料カウンセリングにいらした方は、空想の世界からやっと抜け出てこられた方と受け止めています。

やっと現実を考えられるようになったと。

それは、不安から一歩抜け出たことなのです。

誰かに、不安を聞いてもらって、自分の想いを確認してもらって、そして現実の世界で活動する勇気を持つ。

 

結婚相談所は、独身の方の不安を解消して、現実と向き合うサポートをさせて頂くものと思っております。

>>結婚相談所プラナが大事にしているもの

結婚をすると、男女ともメンタル面が強くなって、色々なトラブルやストレスを二人で乗り越えられるようになります。

二人だからできるのです。

家族を作っていくことは、自分を一回りも二回りも大きくさせてくれます。

 

結婚をどうしたらよいかと悩むのであれば、勇気を出して結婚相談所の扉を立ていてみては如何でしょうか。

いつでもお話を聞かせて頂いております。

具体的な婚活サポートを知りたい方だけでなく、不安を感じている独身の方はいらして頂く価値があります。

 

>>結婚を悩む35歳、36歳の方の婚活無料カウンセリング