いつの間にか40歳+

40歳からの結婚相談は、結婚相談所プラナの無料カウンセリングへ

みなさま、こんにちは。

今日も良いお天気で、梅雨はどこに行ってしまったのでしょう???

a0990_001381.jpg

ところで、

「40過ぎまでなんで結婚しなかったのかしら?」

というのは、年配者の独身40代に対する言い分。

が、別段、事情がなくても、

気がついたら40歳プラスになっていた、という40代独身の方って割と多いのではないでしょうか?

結婚願望がないわけでもなく。。。

今、結婚は意識してかからないと無理ですよね。

何となく仕事や周りの環境に流されて結婚したのは、今はもう一昔前の話。

「結婚するぞ!」

と意識を高め、エネルギーをいっぱいにしてやっと結婚できるのが今の時代。

結婚も難しくなりました。

60代以上の方は、なぜかしら?

と首をかしげますが、そういう時代としか言いようがありません。

 

だから、「婚活」なんです。

婚活してまで結婚なの?

という世代の方には、今の婚活はなかなか理解してもらえないかと思いますが、

昔は、女性が一流企業に就職すること、イコール婚活でもあったと思います。

それに反発したキャリア志向の女性が出てきたのが、今の50代。

時代が変わり、今は、女性が職を持つのは当たり前の時代ですし、

女性管理職の割合が日本はまだまだ少ないなどといわれる時代です。

一流企業に就職して結婚相手を見つけて、寿退社などというのは時代錯誤もいいところなのでしょうね。

女性が働き続けるから、待機児童問題も出て来ているわけです。

 

だからこそ、今の女性は専業主婦にあこがれるのです。

あこがれの専業主婦です。

時代が変われども、数少ないほうがあこがれの対象になるものです。

あこがれのキャリアウーマンから、あこがれの専業主婦に変わったのも時代の変化です。

 

ですから、別段事情がなくても、

世の中の流れに身を任せると、40歳+で独身という人が案外増えているのです。

社会で女性の活躍の場が増えている分、

一流企業に就職して、結婚相手を見つけて、寿退社という方程式は、今は成り立ちません。

 

現代は、男女ともに、仕事に疲れ骨休めをする癒しの場としての家庭の存在が、

とても大きな意味を持ってくるのではないでしょうか。

40歳+の年齢になってやっとそのことに気が付くほど、

今の世の中は一人一人の社会での存在価値が大きいのかと思います。

社会での精神負担を癒す家庭があってこそ、一人一人が社会で活躍出来るものだと私は考えます。

40歳+からでもかまいません、始めてみてはいかがでしょうか?

癒しの家庭を作る第一歩、「婚活」を!!

 

今日もブログを読んでくださいましてありがとうございました。

皆様が幸せな結婚をされることを心よりお祈りしております。