願い事が叶う理由

tanabata01-002.jpgみなさま、こんばんは。

本日2回目の更新です。

本日は、今週末に迎える七夕にちなんだお話です。

 

先ほども書いたように、短冊に願いを書いて叶う率は、22%くらい。

これって、割と高い!ですね。

 

なぜかということを思い当るところで、私なりに検証してみました。

 

第一は、願うだけでなく、紙に書くという行為が良いようだということ。

書くことで、具体性が出て、潜在意識に刷り込まれるのではと思います。

それも、七夕でしたら、短冊ですので端的に書きますよね。

これも叶いやすい要素だと思います。

 

第二に、短冊に書いて飾り付けることで、願いを天の川に(おり姫にだったかしら?彦星にだったかしら?)託すことで、

気持ちが軽くなる、これが大事な要素かと思います。

自分の中で悶々と願い事を抱え込んでいるとあまり叶う気がしませんね。

ちょっと怖いですし・・・。

経験済みです。coldsweats01

 

で、飾り付けて、後は神様よろしく!ということで気持ちが軽くなって、心にゆとりが出来るのです。

そのゆとりが願いごとが叶う大事なポイントなのではないかと思います。

 

数ヶ月前に、茨城県の出雲大社常陸に行ったときに、

『願い文』というのがありました。

私も、願い事を書いて置いてきました。

また、絵馬なども同じようなことなのではないかと思います。

 

ということで、私は、願い事は紙に書いていったん手放す。

そして後は、行動あるのみと思っています。

 

結婚を願うみなさま、思いつめ過ぎないで、是非七夕の短冊に結婚成就を書いて見てくださいね。

 

そして、行動するときは、是非、結婚相談所プラナで。。。bleah