家族の繋がり・絆

ajisai3m.jpg

昨日、私の祖母が亡くなりました。

91歳11カ月。

大往生です。

祖母は、昨年まで文庫本で小説を読むくらい、頭はしっかりとしていました。

子供数は8人、孫は20人ほど、ひ孫ももちろんいます。

小さいころ、母の実家に行くと、曽祖母に世話してもらっていたので、その頃の祖母との記憶はぼやけていますが、ここ数年、遊びに行って、マッサージをしてあげながら祖母との会話を楽しんでいました。

大好きなおばあちゃんです。

祖母の晩年、祖母に教えられることがたくさんありました。

毎回、会話の中で、私の人生観を見直す言葉をくれました。

「怒らないこと。」

「無理しないこと。」

この二つが、とても胸に響きました。

私が自分のことを相談したわけでなく、ただ単に祖母が言った言葉ですが、

ピッタリと、私の心を打ちました。

きっと、祖母が自分に向けていつも思っていたことなのかと思います。

 

昨日は、祖母の危篤状態に集まれる孫兄弟がさーっと集まって、祖母を看取りました。

私は、逝ってしまった後でしたが、祖母への感謝の気持ち、

そして、子、孫、ひ孫へとつないでいく命の尊さをしみじみ感じました。

おばあちゃん、ありがとう。