娘・息子が結婚しないのはなぜ?結婚させるために親ができるたった一つのこと。

結婚しない30代・40代の娘・息子に、親がしてあげられることは、たった一つ。情報収集です。

 

こんにちは。千葉県柏市で婚活アドバイザーをさせていただいている白鳥志津子と申します。

 

今日は、

「30歳を超えた娘がいるんだけど、全く結婚の気配がない!」

「もう40歳になる息子が結婚できなくて心配で仕方ない」

 

こんな親御さんの悲鳴に切り込んでいきたいと思います。結婚しない娘・息子は、いったい何を考えているのだ!と嘆くだけでなく、親がやってあげられることを具体的に書いていますので、どうぞ最後までご覧になって、行動を起こしてください。

 

 

 

なぜ、娘・息子は結婚しないのか?(またはできないのか?)

あなたの娘さんや息子さんが結婚していない一番大きな理由は、「不安」だからです。結婚できないことにも不安、結婚するのも不安。

 

「30代・40代にもなって何を言ってやがる!!」などと息巻いてはいけません。

 

お父様、お母様のときとは時代が違うのです。

 

全く違う時代に生きています。

 

右肩上がりの給与、終身雇用、、そんな世の中はとっくに消え去ってしまいました。もう生きているだけで不安。そんな世の中です。今のお子様たちにはロールモデルがいないのです。

 

娘さんであれば、専業主婦だったお母様はお手本にはなりません。息子さんだってそうです。家に帰れば家のことはすべて任せられる奥様はもういないのです。

 

お手本がないまま進んでいかなければならないのですから「怖い」と思うのは当然です。

 

「いや、自分たちだってそうだったよ」といわれるかもしれませんが、景気のいい世の中ではありません。今の40代以下は、就職氷河期以降の人たちです。頑張っても報われないことのほうが多かったのです。

 

情報過多の社会は、不安と恐怖を煽り立てる

そのうえ、最大にネックになるのは、情報過多の社会だということ。しかも、その情報は、自ら取りに行った情報ではなく、入ってきてしまう情報です。

 

たとえば、スマホで「婚活」という単語で検索したとします。そうしたら、婚活に関する様々な情報が毎日見るスマホに飛び込んでくるようになっているのです。その中のほとんどが人を不安と恐怖に陥れるものです。

 

なぜって、そういう記事のほうが読まれるからです。

 

ですので、娘さん・息子さんは、不安や恐怖といったストレスフルな生活をしていることをわかってあげなければいけません。

 

「いや、そんなことはないよ、当てはまらないよ」といわれる親御さんのお子様は、20代ではないでしょうか?

 

30代・40代と違い、20代は時代背景により、情報処理能力が鍛えられています。30代・40代は、あふれる情報に振り回されている年代です。いろいろな情報が飛び込んでくるが、それを自分に置き換えて処理することができない。

 

わかりやすく言えば、情報の取捨選択ができないのです。

 

「ものに囲まれたいい時代に生まれたはず」と思うかもしれませんが、ものに囲まれすぎてしまったのかもしれません。

 


《関連記事》

【婚活のプロが解説】だから結婚できない!結婚できない40代独身女性の2つの特徴


 

結婚しない娘・息子の心理的ハードルを下げる方法

このような、結婚しない娘や息子は、まずは精神的なハードルを下げてあげなければいけません。繰り返しますが、「30代・40代にもなって!!」と怒ってはいけません。

 

そのように怒る前に、娘・息子と自分とのかかわりを顧みる必要があります。

 

たとえば、以下のようなことはありませんでしたか?

  • 恋愛や結婚の話題をなんとなく避けてきた
  • ご両親がお互いを尊重していることを見せてこなかった(もしくは尊重しあえていなかった)
  • 会話の少ない家庭だった

 

このようなことがあると、本当は結婚したいと思っていても、素直になれない娘さんや息子さんが出来上がります。または、結婚したいとすら思わない、自分ひとりの世界観を大事にしすぎてしまうことがあります。

 

仕事柄多くの人を見ていますが、会話の多いご家庭の息子さん・娘さんの結婚は早いようです。

 

娘・息子だって照れくさい

「おい、どうするんだ!結婚は?」などと上からの物言いで、娘さんや息子さんに迫ってはいけません。

 

以下のような手順をおすすめします。

  1. 「結婚を考えられる人、いるの?」と聞く
  2. いなければ、「結婚をしようとは思っているの?」ときく
  3. その答えがどうであろうと、「そうか」といって、いったんその話は終わる

 

これで、今後話すきっかけを作れたことになります。話すきっかけ作りをせずにいきなり本題に入るとお互いが気まずくなります。学生時代も含め、恋愛や結婚観などの話しをしてこなかった親子間には、このきっかけつくりが大切です。

 

子供だってこのような話をするのは照れくさいと感じています。

 

また、子供の意見を尊重するという親もいますが、そもそも意見を持ち合わせていないことが多いものです。子供が行動しないのは、結婚に対する考えがないからです。《周りを気にしなく、自分らしく生きている》といというと聞こえはいいのですが、そうではありません。意見がないだけです。

 

これほどの情報があふれる時代でも、その情報を自分ごとに置き換える能力がありません。

 

たとえば、子供をたくさんほしいという女性が、40歳過ぎてから婚活するというようなことが本当にあるのです。出産できる年齢と自分の年齢を重ね合わせることができないのです。

 

もちろん、子供が自分の意志で「結婚をしない」という決断をしているなら、もうそれは、娘・息子を結婚させることはあきらめたほうが良いでしょう。

 

しかし、結婚に対する明確な意見など持ち合わせていなく、ただ何となく結婚の話題を避けるようでは、後々後悔するのは、親も子供も一緒です。「あの時、もっとしっかり結婚のことを言っておけばよかった!」などと自分の体の融通が利かなくなってから後悔するのです。

 

娘・息子は、今も10年後も同じ体だと思っている

親御さんならわかりますよね、だんだんと体が病気がちになったり、思うように動けなくなったりすることを。

 

しかし、30代・40代の娘・息子にはそれがわからないのです。

 

10年後も20年後も、同じように体が動けて、思考判断能力も衰えないと思っているのです。頭では理解していても、それがどんなにつらいことかはわかりません。だから、ずっと一人でも今と変わりなく生きていけると思っている。

 

また、親御さんが先にいなくなることも、想像できないのです。今と変わりない日常がずっと続くと思っています。

 

いまだに反抗期!?的な娘さんや息子さんもいらっしゃいますよね。

 

もしかしたら、本当はわかっているのですが、それを考えると怖いので、あえて考えないようにしているのかもしれません。

 

ここでも、日ごろの会話が大切です。

 

たとえば、「お父さんがいてくれるから、高いところのものが取ってもらえるわ」「母さんがいてくれると、空気が和むねぇ」など何でもいいので、お互いを尊重しあう言葉をかけあってみてはいかがでしょうか?

 

お互いの役割分担ができているので、今更照れくさいですか?

 

でも、こういう両親の会話が娘・息子の結婚したい気持ちに結び付くのです。体が思うようではなくなったときや定年後の両親の姿は、30代・40代の独身の娘さんや息子さんの心に響くのです。

 

この当たり前の日常は、お父さんとお母さんの結婚によって、出来上がっているということを、改めて知ってもらうということです。

 

結婚しない娘・息子に親ができること

さて、いよいよ、結婚しないできない娘・息子に親ができることです!

 

最初の一文に書いたように、「情報収集」です。これしかできません。これ以上のことをやろうとするとこじれます。(後ほどこれについては書きます)

 

前の分で心理的ハードルを下げる方法をお伝えしました。これができたうえでやることは、情報収集だけです。

 

今の社会の重要な構成員である娘さんや息子さんは、ほとんどプライベートな時間がありません。あったとしても疲れ切ってダウンしているかもしれません。

 

とにかく忙しいのです。

 

ノー残業デーがあったとしても、常に勉強をしなければいつリストラされるかわからない。昔のようにアフターファイブ!!なんて飲みに行っていることなどほとんどないでしょう。だからこそ、出会いがないわけなので、そこはお父さんお母さんはわかってあげなければいけないところです。

 

なので、

  • 結婚したい
  • 結婚するには婚活しなきゃ

 

と本人が思っていても、その時間が取れない。また、情報過多なことに加えて取捨選択能力に欠けるので、だらだらとネット情報を見るには見ても、自分ごとに置き換えたり、行動するまでのモチベーションが上がらない。

 

「婚活って言っても、何をどうしていいかわからないよ」

 

というのが本音です。ですので、ここでお父様とお母様は一肌脱ぎましょう。

 

30代・40代のお子様を持つ親御さんの年代なら、ネットで調べ物をすることはできると思います。パソコンでもスマホでもよいので、お子様の代わりに婚活に関する情報収集をしてあげるのです。

 

情報収集は、大切な婚活の一歩

親が情報収集するメリットは、次の5つ

  1. 人生経験が長いので、取捨選択能力がある
  2. 客観的視点で判断できる
  3. 娘・息子にレールを敷いてあげられる
  4. 娘・息子の長所と短所をわかりきっている
  5. 詐欺的な婚活に騙されない

 

娘・息子が大きな不安を持ったまま婚活を始めてしまうと、適切な婚活方法を選べないことがあります。

 

不安や焦りは人の判断能力をそぎ取ってしまうものです。

 

特に40代の娘さんや息子さんは要注意です。

 

「色々調べて、話を聴いてきた結果、婚活とはこれこれこういう方法があり、今のお前には、こういうところがいいんじゃないかと思う。」

 

とパンフレットを見せてあげてるとよいでしょう。

 

実際に足を運んでみよう

この情報収集は、ネットを見るだけでは足りません。そんなことは、娘さん・息子さんもやっています。実際に話を聞きに行くべきです。

 

この行動ができないのが、いまだ独身の娘さん・息子さんです。

 

もちろん、家族間の会話が十分で、「結婚相談所に話を聞きに行ってみたら?」と自然に言えるのなら、本人に任せます。

 

でも、うまくことを運べないなら、親御さんが話を聞きに行ってみるべきです。

 

ネットで見るとの、実際に話を聞くのでは、印象がだいぶ違うものです。実際に婚活カウンセラーに話を聞けば、自分の娘・息子はどうしたらいいかアドバイスをくれるでしょう。

 

娘・息子の代わりにお見合いをしても無駄

さて、昨今親のための結婚相談所があります。これは、親同士がお見合いようなものをして後でお子さんを引き合わせるようなスタイルのようです。

 

私は、相談にいらした親御さんに常々言いますが、「本人が実際に結婚相談所に足を運ばなければ、結婚はできません。結婚するのは本人です」と本人のやる気を試させていただいています。

 

親に言われたからと言って結婚相談所に足を運ぶのでも一向にかまいません。どのような入り口でも、本人が来るかどうかで、結婚への本気度がわかります。

 

正直、本人がやる気ないのに親とカウンセラーだけが躍起になっていても、無駄です。

 

ですから、親のための結婚相談所は、まさしく親の安心のためであって、お子様の結婚につながるかといえば相当難しいと考えていいでしょう。

 

今時、親に言われたからと言って、好きでもない人と結婚する人なんていないと思いますよ。

 

結婚にはストーリーがあります

 

出会いからプロポーズ。そして、結婚生活。すべてが一つのストーリーです。

 

親御さんは、ご自身の結婚ストーリーの中に、娘さん・息子さん結婚の序文を作ってあげてもいいかと思います。それをどういう物語にするかは、お子様次第です。

 

くれぐれも注意しますが、娘さん・息子さんの物語の中に入っていかないようにしてください。

 

親が、結婚しない娘さん・息子さんのためにできることは、情報収集だけです。

 

たとえて言うなら、料理です。

 

ハンバーグの作り方を教えてあげるまでは親の役目。実際に材料を買って作るのは娘さん・息子さんの仕事です。

 

結婚相談所は親代わり

結婚しない、できない、娘さん・息子さんに対して、結婚相談所がやることは、親御さんの代わりです。

 

情報収集したら、速やかに結婚相談所にお任せしましょう。

 


結婚相談所プラナのコンセプトもご覧ください。▶プラナのコンセプト


 

結婚相談所に入会しても、あれやこれやと口を出すと、結婚の時期がさらに遅くなります。

 

昔は、お見合いの紹介も親が持ってきた(親類に頼む場合もあり)。相手のことを調べつくし、良いと思えば娘・息子に積極的に縁談をおすすめする。

 

これが親の仕事だったのではないでしょうか?

 

でも、今の30代・40代の独身者の親御さん世代は、自由恋愛の場合も多く、そのようなことは古臭い観念だったと思います。これも時代と言えましょうか。

 

今は、全く時代が戻ってしまったかのように、結婚のお世話を誰かがしなくては、結婚できない時代なのです。

 

この仕事を請け負うのが結婚相談所です。

 

*結婚情報サービスではありません。結婚相談所と結婚情報サービスの違いは、こちらの記事でご確認ください。▶40代女性の婚活

 

結婚相談所は、親御さんの代わりに、娘さん・息子さんの結婚へのモチベーションを上げ、良いご縁をご紹介します。一生涯のパートナーに出会うまで、何度もご紹介いたします。

 

もし、娘さん・息子さんのご結婚にお悩みでしたら、一度お話を聞きにいらしてください。そして、必ずそのあとにご本人に相談所までいらしてもらうようお伝えください。

 

それができる親御さんであれば、面談時間をもうけさせていただきます。

 

 

面談のご予約はこちらからお願いいたします。コメント欄に「親」であることをご記入ください。

面談予約

 

 

今すぐ幸せな結婚へ向けて行動しよう!

IBJ正規加盟店、プロフィール作成、お見合い紹介

初めての方へ

個別相談、お見合い・交際アドバイス

ご入会からご成婚まで

お見合いの多い結婚相談所、毎月20名申し込み可能

コースと料金

 

結婚相談所プラナは、

  • カウンセラーが専任でつき、マンツーマンでサポートします。
  • 全国の結婚相談所との提携により、出会いが広がります。
  • アラフォーの結婚相談に特化しているので、お見合い婚に及び腰のあなたも積極的になれる。
  • 恋愛下手、話下手でもお見合いが出来る。
  • 42歳で半年で結婚した女性も!
  • アドバイスがしっかりもらえる。
  • 月に20人までお見合いの申し込みが出来る。

当相談所の詳しいご案内はこちら