アラフォー独身女性の焦りと諦め、先輩アラフォーが教える婚活の心得

35歳を過ぎたアラフォー独身女性、結婚のことをお悩みではないですか?
結婚相談所プラナにもアラフォー独身女性が、たくさんご相談に見えます。
アラフォーの中でも35歳から40歳は、人生の上でとても重要な時期です。

この時期に、結婚が出来ないとすると、生涯結婚出来なのではないかと不安に駆られますね。
この時期が、ただ単に仕事と家の往復だけで終わってしまう人も少なからずいます。

だからこそ、独身のアラフォー女性は思い悩みます。
それは結婚というより、人生の思い悩みです。
今日は、アラフォー独身のお悩みや不安をどのように解決していったら一番良いかを書きたいと思います。

アラフォー独身女性の焦りと諦め、先輩アラフォーが教える婚活の心得ブログイメージ

(プラナの婚活は、アラフォー女性が安心できるサポート⇒コンセプト

アラフォーのお悩みは頭と体がバラバラ

アラフォー女性へ質問ー過去3年、結婚を対象とできる男性との出会いはありましたか?

過去3年、出会いはありましたか?

30歳のころ、婚活を頑張った女性もいらっしゃると思いますが、出会えなくて諦めてしまった。
それで、自然に結婚相手が表れてくれればよいが、ほぼ出会いはないのが現実です。

やはり、婚活しなければ結婚は難しい。
しかし、過去の経験を振り返ったり、まだしたことのない婚活への恐れから、
「今さら無理かもしれない。」
「恥をかくくらいなら、このまま独りでも。」
と、臆病風に吹かれてしまって、結局は何もしない、出来ない。

そんなアラフォー女性がプラナに駆け込んできます。

半分諦め、でもやっぱり結婚したい、最後の望みをプラナに託されます。

独身アラフォーは、臆病風に吹かれる

人は、年とともに臆病になるものです。
そして、臆病な思考というのは、何も行動しないことに繋がります。
そうすると、「どうすればいいか?」というポジティブな思考はすっかり失われて、「悩み」の渦に入っていくのですよね。

アラフォーの悩み

(若さの喪失も感じるアラフォー女性の不安は大きい。)

先日も37歳の独身女性と話していて、
「37歳になっちゃいました。結婚とか考えるんだけれど、相手いないし。」
「新しい出会いは、1年に何人くらい?」
「え~、、、殆どない!!婚活しなきゃ無理ですよね~。」
「婚活について、どう考えているの?」
「した方がいいと思うけれど、でも大変そうだし。人見知りするから上手くいかない気がするし。余裕ないし。」

婚活をしない理由は、たくさん出てくるのですが、どうしたら結婚できるかが考えられない。

行動しなくても年は取る

結局は、「結婚したい」という想いを抱えたまま、年齢だけ重ねていき、
ついには、「結婚できない」人となってしまいます。

このところ、何度もブログで書いていますが、35歳未満の人の未婚率は下がっていますが、アラフォー世代は上昇しているのです。

今、私の周りには、20代後半の人たちが、
「彼氏が出来た!」
「彼と一緒に住むことにした!」
「結婚の準備に入った!」
「婚活パーティーに行ってくる!」
と、実に積極的です。

50歳の私からしたら、娘のような年齢なので、ほほえましく見ていますが、
さて、結婚相談所の仕事で関わる人たちに目を移すと、そこにはどんよりした空気が漂います。

アラフォー独身女性は、言い訳が多い

アラフォー独身の方の口癖は、「でも、、、」。
アラフォー独身の思考には、「でも、、、」が本当に多い。

仕方ないといえば仕方ない思考ですよね。
社会経験が増えれば増えるほど、失敗が怖くなるものです。
だからと言って行動に移さなければ、一生独身のまま。

行動に移さなければ、失敗はしないかといえばそうではありません。
何もしないこと自体が、選択の失敗だと私は思います。

婚活成功例を知って、不安要素を取り消そう

不安要素は、年々大きくなりますよね。
それでもやはり行動に移せないのは、成功例を知らないからではないでしょうか。

婚活成功例

  • 38歳で結婚相手に巡り合えた!
  • 41歳で出会いがあった!
  • 39歳なのにこんなにお申し込みがあった!

こんな例を知れば、きっと行動する勇気が湧いてきます。

アラフォー世代でご成婚した人の声

 

焦りのあまり、ひとりよがりの行動に出ることも結婚できない理由

婚活を失敗する理由の一つとして、ひとりよがりの行動があります。
婚活を始めても、ひとりよがりの思考のままでは、結婚できません。
アラフォーの婚活サポートは非常に難しいのですけれど、その理由は、アラフォー独身女性のひとりよがりの行動。

私ども結婚相談所プラナは、アラフォー男女の婚活に挑戦しています。

本音を言えば、アラフォー特化の結婚相談所など辞めてしまいたいと思うくらい、サポートに時間と労力がかかります。

  1. カウンセラーに相談しない
  2. アドバイスを聞かない

私どもは、結婚サポートのプロなので安心して任せてほしいと常々思っているのですが、せっかく結婚相談所に入っても自分なりの婚活を進めてしまう人は、結婚できない場合が多いのです。

例えば、お見合いをするけれどすぐにお断りをしてしまう人。
理由も何もなく、「合わない。」それだけです。
お相手の表面の姿しか目に入らなく、じっくりとお相手と対面しないのです。

人には、いろいろな側面があります。
自分に合うとか合わないとか、一面を見るだけですぐに判断してしまうと、大切なものを見落とします。

こうなると、何度お見合いしても上手くいきません。

アラフォーの婚活サポートは、非常につらい

というわけで、アラフォーの婚活サポートは非常に大変なのです。

臆病風に吹かれて行動が出来ないのならば、誰かのサポートが必要だと思う

アラフォー独身者が、今から婚活をするには、絶対に誰かのサポートが必要です。
ひとりよがりの判断をしないために、プロの手を借りてはどうでしょうか。

結婚して、家族のいる人の方が、年をとっても積極的に生きる傾向にあります。
独りぼっちだと、思考が消極的になってしまうものです。

アラフォー独身の皆さん、
人生はまだまだ半分です。
消極的な人生を歩むより、積極的に人生を歩んだ方が有意義だと思いますよ。

婚活では、私たちと一緒に。
結婚後は、パートナーと一緒に、積極的に行きませんか?

▼アラフォー婚活プロジェクト開催中▼

幸せをお世話する結婚相談所プラナ

無料カウンセリングを予約するボタン

プラナの婚活の流れはこちらをご覧ください。⇒ご入会からご成婚まで


おすすめの記事